そもそもキャッシングって何?

消費者金融会社でお金を借りる契約を結ぶことができます。
その契約は、銀行でもできますが、2つの金融機関にはいくつか違いがあります。
消費者金融会社の売りは早さや借り入れの時の手軽さにあります。
よってそこを重視する人は消費者金融会社に申し込みするべきです。
また、金利が少しでも高くならない方が良いと考えている人は、銀行で申し込みするべきです。
申し込んでからの審査が出る時間にも差があり、前者の方がより早いです。
どちらで申し込んでもお金を借り入れることに変わりはありません。
これらの金融機関に申し込んでお金を借りることをキャッシングと言います。
そもそも、通常のローンとどう違うのかと言うと、キャッシングはローンと違い多目的にお金を使うことができるところです。
クレジットカードと似た仕組みですが、クレジットカードと違い現金で支払うことができるシステムです。
キャッシングの良いところは、好きな時間に自由な金額を引き出すことができる自由度の高い借り入れとなっているところです。
また、返済も口座引き落としやATMにおいての返済、一括返済など非常に自由度の高い方式となっているところが特徴です。
キャッシングの契約は最低1万円程度から、収入に応じて約500万円程度までできるので、自由度が高いことに加えて高額な借り入れ契約もできるのは、非常にお得です。
1人1枚持っておくと、急な出費のために、すぐにお金が引き出せるので便利です。