キャッシングの審査に通過するために必要な物ってあるの?

キャッシングをする際、担保や保証人は必要ありません。そのかわり、個人の信用を担保としてお金を融資します。ですからキャッシングを利用するときは、審査が行われます。この審査を受ける際の必要書類ですが、まずは本人確認のための書類です。一般的には自動車運転免許証を提示する人が多いです。運転免許証は、およそ8000万人が所持していると言われています。この数字は、大体日本国民が1.6人いれば、その中の1人は自動車運転免許証を持っている計算になります。もちろん運転免許証以外にも、健康保険証やパスポートなどでもOKです。他にも印鑑証明書や住民票などでも本人確認ができます。あとひとつキャッシングをする際の必要書類といえば、収入を証明するものです。例えば給与明細などがそれに当たります。ちなみキャッシングをする条件の中に、安定した、継続的な収入がある人とあるので、できれば2〜3か月以上の給与明細があるといいです。給与明細以外にも、源泉徴収書や住民税決定通知書、納税証明書などでも収入を証明できます。ただ源泉徴収書や住民税決定通知書や納税証明書などは、もよりの役所や会社で発行してもらう必要がでてくるので、多少の手間がかかります。そんな訳で、キャッシングをするとき、利用限度額が低ければ、収入を証明するものを提出しなくてもいいところも出てきました。一般的に利用限度額が100万円を超えると必要となりますが、それ以下ならばなしでもOKのところが多いです。