銀行系企業におけるキャッシングサービスの審査

キャッシングや目的別ローンはさまざまな消費者金融や金融機関がサービスしていますが、特に銀行や信用組合などの金融機関が力をいれてきているようです。
キャッシングは現金を貸し出すサービスですので、法律で貸出額の総額が所得の三分の一を超えてはならず、審査は所得と他からの借り入れを中心に法的に問題がないかも含めてチェックされているようです。多くの方が誤解をしていることが多いようですが、銀行系のキャッシングでも消費者金融の審査に比べて厳しいということはなく、審査についてはほぼ同様の厳しさであると考えられます。
キャッシングについてあまり知られていないようですが、銀行系のキャッシングサービスでも、消費者金融のキャッシングサービスを利用していることがあります。これは、銀行系のグループ系列に消費者金融があるためで、系列の消費者金融が開発したキャッシングサービスを銀行系が名前を変えて提供していることがあります。この場合、銀行は商品として紹介しているだけで、実際の業務、保証については消費者金融が行うこともあるようです。
金融機関と消費者金融はお互いに切磋琢磨しながら、利用者によりよい商品を提供できるように努力しています。そのため、ローンの審査についても、消費者金融が得意としてきた効率的な審査方法などを金融機関がどんどん採用しており、以前のように銀行だから時間が審査に時間がかかるということはほとんどなくなってきています。