銀行系企業におけるキャッシングサービスの特徴

銀行のような金融機関でもキャッシングサービスが提供されています。キャッシングサービスは消費者金融が始めたサービスですが、金融機関で系列グループ内に消費者金融を取り込んでいたり、消費者金融を吸収することで消費者金融が得意とされてしてきた金融商品を扱えるようになってきています。
銀行系のサービスは消費者金融のサービスとは異なる特徴がいくつかあります。一つ目の特徴として、銀行の普通口座とキャッシングとを連携させられることです。キャッシングサービスは現金を借りるサービスなので返済口座として普通口座は利用されてきましたが、普通口座を利用している他の支払いサービス向けの資金が足りない場合に自動的にキャッシングを行い、支払いを行う事ができるようになっています。振込予定日を忘れていて、支払いができなかったということを防げると大変好評です。キャッシングをするにあたり、利息が気になりますが、リボルビング払いとして借り入れる事になるため、支払う予定だった資金をすぐに借り入れの返済に回せば利息もかからないことも多いようです。
2つ目の特徴として、銀行の他の融資や金融商品を利用する際、銀行の利用実績として認められることが多いことが挙げられます。銀行の融資を受ける際、これまでの金融商品や融資の利用実績が大変重要になることが多いため、手軽なサービスとはいえ、キャッシングが利用実績として認められると喜ぶ方が多いようです。